表紙3

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
器の柄合わせが素敵すぎるスタイリング : Lula Aldunate
器の柄合わせが素敵すぎるスタイリング : Lula Aldunate
via

mandalas4.jpg

デザイナーであり、スタイリストのLula Aldunate。
彼女がFlickr【】で公開しているインテリアのスタイリングが素敵すぎです。

mandalas10.jpg

mandalas2.jpg

mandalas7.jpg

mandalas6.jpg

mandalas9.jpg

mandalas12.jpg

様々な国の陶器とファブリックの合わせ方がいいなぁ。
単体では普通のシンプルな器だったりするものも、
色やデザインでこんなにも可愛く。

こういう絵本作りたい。万華鏡みたいになりそう。
あぁ、夢は膨らむ。





となりの席、空いてます。







スポンサーサイト

( 2014.03.11 ) ( others ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
ひと味違うプレゼントにおすすめ : DONKEY PRODUCTS
ひと味違うプレゼントにおすすめ : DONKEY PRODUCTS

fil.jpg

ドイツのハンブルク発のプロダクトブランド。
ウィットに富んでいて、面白いアイテムが多いです。

この紅茶シリーズがかわいくて、欲しい。

s22955029.jpg
teebeutel.jpg
s22955043.jpg
teebeutel4.jpg
file2.jpg
めっちゃ浸かってはるわww
紅茶を蒸らしている間も楽しい。

他のアイテムも是非サイトで。
23451.png

コンランショップやリステアなどで取り扱ってますので、
是非ーー。






となりの席、空いてます。









( 2013.04.26 ) ( others ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
フォントでできた蝶
フォントでできた蝶
via

typographic-butterfly-specimens-1.jpg

Times New Romanなど、
デザイン業務に携わっている人なら、なじみのあるフォントで、
アゲハ蝶などを表現。
色使いや、羽根の形で差がでており、標本のような見せ方が綺麗ですね。

TypographyButterfly2.jpg

制作は、クリエイターのためのポートフォリオサイト
loftwork.com」で作品を公開している、就活生の「」さん。
いいなぁと思いました。
なんだか素直に好きなことしてたら、とても素敵なものできた。
というような感覚に感じて、いいなぁ。と。
素敵ですね。






となりの席、空いてます。








( 2013.03.15 ) ( others ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
小さい小さい陶器シリーズ : Bailey Doesn’t Bark
小さい小さい陶器シリーズ : Bailey Doesn’t Bark
via

030801.png

絵付けがとてもかわいい陶器の小さい器シリーズ。
ドットや、ベタ、線画など、シンプルだけど陶器の質感にあってて、
沢山集めて並べたくなる可愛さ。

030803.png

030804.png

030805.png

030802.png

030806.png

こういうのも好きになってくると、
なんだか落ち着いたな、自分。と思います。
よかった。大人の階段上ってて。





3歩進んで2歩さがる。
となりの席、空いてます。







( 2013.03.07 ) ( others ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
寺山修司没後30年 : パルコ劇場40周年記念公演「レミング」
寺山修司没後30年 : パルコ劇場40周年記念公演「レミング」
via

news130410_terayama_1-200x283.jpg

天井棧敷を主宰していた寺山修司の没後30年の今年、
4月21日〜5月16日の間、パルコ劇場にて、
寺山修司作「レミング-世界の涯まで連れてって」が上演され、
演劇実験室◎天井棧敷ポスター展、映像展が同時開催されます。

以下HPからの抜粋↓
news130410_terayama_main-640x360 (1)
寺山修司の官能的な超現実の言葉に、
松本雄吉の壮大な「ヂャンヂャン☆オペラ」が挑む!

寺山修司が主宰した「演劇実験室◎天井棧敷」の
最終公演『レミング』を上演します。
初演、再演時、寺山修司の超現実の言葉と洗練された造形美で観客を圧倒した舞台。
壮大な野外劇や「ヂャンヂャン☆オペラ」という独特の表現で、
世界を震撼させ続ける維新派の松本雄吉が新解釈で挑みます。

スタッフは、松本の創作を支える優れた面々が国内外から集結。
キャストは、八嶋智人、片桐仁、常盤貴子、松重豊ら。
上演台本には天野天街が参加。
HP

メンバーも面白そうだし、見てみたいなぁ。

寺山修司は中学生の頃初めて、「田園に死す」を見て、
シュールレアリズムというものに接してトラウマになった映画が
私の今のすべてのような気がします。
小学校で水木しげるに接して妖怪好きになり、
中学校で寺山修司に接して、シュールレアリズムの気持ち悪さにはまる。
そんな感じです。

寺山修司の映像も好きだけど、言葉も好きです。
「書を捨てよ、町へ出よう」も名作ですね。
「ひとりぼっちのあなたに」や「空には本」も歌集で好き。

ポスター展がまた、見たい!
もう素敵すぎる。

top_hosi.jpg
(宇野亜喜良/シルクスクリーン)

時間見つけて行こう。
サイト【】からチケット購入できます。






となりの席、空いてます。











( 2013.03.06 ) ( others ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。