表紙3

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
I♥湯
I♥湯
chn11_rpt7586_0730_naoshima1[1]_convert_20090731162609

瀬戸内海の直島に新しい施設ができました。
実際に体験できるアートということで、
アーティスト・大竹伸朗による、実際に入湯できる
美術施設「I♥湯(アイラブユ)」だそうです。
設計とデザインはgrafが関わっています。
7月26日からもう入れるそうです。
島民の皆さんはもう入ってるるのかな。

たのしそーー。

牛乳飲めるように自販機も設置。
わざわざサイトにもそれを明記しているのが
ちょっと面白い。

直島銭湯「I♥湯」は、地中美術館を運営する直島福武美術館財団による
アートプロジェクトの一環として計画されたもの。
外観、内装はもちろんのこと、浴槽、什器、備品や
アートグッズ(みやげもの)に至るまで、
大竹伸朗の世界を文字通り全身で体感できるという
従来にはないまったく新しい作品として、
すでに多くの海外メディアにも注目されている。

「ベネチアビエンナーレ2009」でもお披露目されたこの作品は、
アート作品でありながら、“実際に入湯できる”という機能を持った、
ほかにはないユニークなアプローチで、現代美術の概念など
もろとも吹き飛ばしてしまった話題作。
「飽きがこないこと」をテーマに、大竹氏が得意とするスクラップブックの手法で、
日本各地から持ち込まれた船底やコックピット、秘宝館の小象、
松の植栽などが、クリエイティブ集団grafの設計協力のもとに実現された。
また、風呂絵、モザイク画、トイレの陶器には、
大竹伸朗初の試みとなる絵付けタイルが施されている。
exite. ism

面白そう。
入りたいです。
直島もっかい行きたいです。

直島近くの犬島へも最近行ってきました。
廃墟もよかったです。


混浴ではないですが…



となりの席、空いてます。





スポンサーサイト

( 2009.07.31 ) ( art ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。