表紙3

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
Chris Ofili x INSA
Chris Ofili
アフリカ系イギリス人でアーティスト。
現在Tate Britainで展覧会を開催。そして終了…。
(気づくのが遅すぎた…)

o0416051210394994251_convert_20100322112842.jpg

黒人に対するステレオタイプなイメージへの反発として
ゾウさんの糞を作品に使用していることで有名になり、
英国内の優れた現代美術に送られる「ターナー賞(Turner Prize)」を
1998年に黒人として初めて受賞。

ofili12_lg_convert_20100322113100.jpg

スカルモチーフのセンスがよすぎるDamien Hirstも、
この賞を取って有名になりましたよね。
c0224403_21451965_convert_20100322112309.jpg

同じTate Britainで開催中の
若いアーティストを集めたBring The Noise event
グラフィティアーティストのINSAが招待作品を出品中。

240513_convert_20100322111059.jpg
240560_convert_20100322111118.jpg
「Anything comes when it comes to (s)hoes...」

この10インチヒールのソール部分には、ゾウさんの糞が。
オフィーリへのオマージュ。
INSAは個展もやったり、広告やったり、幅広いですね。

2009年にNike Air MaximのPRビデオにも彼のグラフィティが。
「Nike Air Maxim Exhibition」

IAM1 x INSA from Protein® TV on Vimeo.



この個展は見てみたかった。
LisbonFlyer.jpg
Portugal1_convert_20100322111307.jpg
Portugal8_convert_20100322115403.jpg




となりの席、空いてます。







( 2010.03.19 ) ( art ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。