表紙3

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
The Wizard of Oz × Swarovski
The Wizard of Oz Ruby Slipper Collection

event09_022_convert_20090723213701.jpg


子供の頃に見てそれ以来大好きな『オズの魔法使い』。
その映画公開70周年にちなんで、色々なイベントが開催されています。

マクドではキャラが人形になってハッピーセットに!
11.jpg


記念バルーンが飛んでるよ!
サイトでどこ飛んでるか確認できます。
わー、楽しそう。乗りたい。
22_convert_20090723212108.jpg


WBCP(ワーナー・ブラザースコンシューマープロダクツ)と
CRYSTALLIZED™ - Swarovski Elementsが、
世界のトップデザイナー17名に、主人公のドロシーの履いていた
赤い靴を作品の制作を依頼、その作品展が世界で行脚中です。

制作のテーマは、
「もしドロシーが21世紀の世界に生きていたら、
いったいどんな赤い靴を履くのか」。
Alberta Ferretti、Betsey Johnson、Diane von Furstenberg、
Giuseppe Zanotti、Jimmy Choo、Manolo Blahnik、Moschino、
Roger Vivier、Sergio Rossiなどのハイブランドが、
スワロフスキー社の最高級クリスタルを使用して作成した
まばゆい輝きを放つ17足のスペシャル・コレクションだそうです。

とりあえずBetsey Johnsonがかわいすぎます。
トップの赤いやつね。
映画の中では、ヒールは太く、短い赤いヒール靴が、
めっさかわいいことに!!
ジミー・チューやマロノ・ブラニクとか見たい。

デザイナーのスケッチもありました。
かわいい。スケッチがかわいい。
rubyslippers_convert_20090723212835.jpg

以前勤めていた会社で
ピンクリボン活動の2007年に開催された
ブレストキャンサー・アクション in Japan の制作に携わりました。
日本の著名人女性20名が靴をデザインしたのですが、
なかなかよかったです。
やっぱり女性は靴を見るとテンションが、あがるのだろうな。

ちなみにこれらの作品は、最終的にはニューヨークで開催される
ガラ・イベントでオークションに掛けられ、
収益金の一部は小児エイズ基金に寄付される予定だそうです。

オズは Return to OZ という ディズニー制作の
映画がありますが、これが最高です。
手足にタイヤがついた猿に追いかけたり、
頭をすげかえる女王がいたり、
小学生のときに見たんですが、もう大好きで
大人になって、DVDゲットしたぐらい好きです。


赤い靴でかかとをトントンとして、
元に戻ったドロシー。
赤い靴はいて待ってますので、


となりの席、空いてます。












( 2009.07.23 ) ( art ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。