表紙3

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
Jinhyun Jeon : 感覚を刺激するスプーン
Jinhyun Jeon : 感覚を刺激するスプーン

Tableware-as-Sensorial-Stimuli.jpg

オランダの北ブラバント州にある基礎自治体(ヘメーンテ)で
南部を代表する工業都市アイントホーフェン在住の
デザイナーJinhyun Jeonによる作品。

Tableware-as-sensorial-stimuli-5-jinhyunjeon.jpg

600px4.jpg

Tableware-as-sensorial-stimuli-6-jinhyunjeon.jpg

食べ物を味わう際に、色、形、素材で感覚を研ぎすますスプーン。
どのように感じるのだろう。
エロティシズムさえ感じるこのスプーン。
そのようにディレクションして写真を撮っているのでしょうが、
試してみたくなるこの魅力。

600px00.jpg

600px-tableware-sensorial-stumuli-jinhyunjeon.jpg

dezeen_Tableware-as-Sensorial-Stimuli-by-Jinhyun-Jeon_2sq.jpg

舌には酸味や甘味などそれぞれ特に感じる部分があると
何かの漫画で読みました。味を感じなくなった患者に、
レモンの液体を右の奥でなめる。とか。そういった内容だったような。

確かに、シチューを飲むときは、木の器で木のスプーンが美味しそう。

Tablescape0011.jpg

Tablescape003.jpg

これは山の形をしたお皿。このお皿をシェアすることで、
一緒に食べる人との関係がどうなる?
このぽにょっとしたのは、おそらくソースなどを入れる器。

雲の形なんだろうな。
かわいい。
サイト【】では、甘い物をたべたときのイメージは?など
感覚についていろいろと考えていることが見れて面白いです。





「あーん」

となりの席、空いてます。








( 2012.11.14 ) ( others ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。