表紙3

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
Château de Chantilly : Paris北東にあるシャンティイ城
Château de Chantilly : Paris北東にあるシャンティイ城

DSC00327.jpg

DSC00325.jpg

先日までパリへ旅行へ行ってきました。
二度目ということで、色々と選別して行ったのですが、
今回一番よかったのは、

Château de Chantilly (シャンティイ城)

パリから北東へ国鉄で30分ほどのところにある
コンデ美術館を併設したお城です。
このお城は宮廷料理人ヴァテールが働いていたことでも有名です。
映画【】にもなりましたね。
城主の大事な3日間に及ぶ大饗宴で、魚が届かず訪問客に
サーブできないことを悲観して、自分で刀を3度も刺して自殺した人です。
生クリームを考案したのも彼だそうです。
(生クリーム=クリームシャンティイ。oh!オシャンティ!)

このお城でもレストランがあるので、本場の生クリームを食べれます。
(食べれてないけどw)
沢山の絵画や装飾品が飾られているところをそのまま美術館にしており、
ルネサンス様式のお城の中が美術館というだけで美しい。

DSC00354.jpg

DSC00359.jpg

また、図書室が圧巻。すごい。革のいい匂い。
絶対本の妖精住んでるわ。

DSC00351.jpg

城主であり、沢山の美術品を集めたオーマル公の、精神。
公は真の貴族的精神、いわゆる「ノーブレス・オブリージュ」の精神で、
「同時代の一流の芸術家に注文し、芸術を振興することこそ、
 財力ある者の特権である。」と言っていたそうです。(via
かっこよすぎる。

なので、まさかの陳列なんです。
時代も、作者も、テーマも全部バラバラ。
見たことがない。

DSC00340.jpg

DSC00330.jpg

DSC00332.jpg

DSC00347.jpg
(これなんて、一人の画家が描いたあらゆる人のポートレイトを収集。)
そして、だからこそのパワーがありました。
美術館で西洋絵画からあんなに勢い感じたことなんてありません。
すごいです。

本当に絵が迫ってくる。




これからパリへ行くときは、是非行ってもらいたいです。
ちなみに、このお城は大厩舎が有名で、フランスで一番だそうです。
ルイなんとか世が、すべて持ってるけど、この大厩舎だけは持ってない。
と言ったそうです。なんとか世が。

パドックもあり、馬のショーも見れます。(また、見てないけど。)
次回は絶対ゆっくり行く。

DSC00364.jpg

DSC00365.jpg

詳しくはこのサイト【】で。
とてもいいサイト。。行く前に見たかった。。。。





目指すはおシャンティイ。

となりの席、空いてます。











( 2012.11.16 ) ( others ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。