表紙3

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
8bitの世界で作られた服 : Melting Pot
8bitの世界で作られた服 : Melting Pot

mp11281.jpeg

mp11282.jpeg

上海がベースのフランス人デザイナーSabine DUCASSEによる、
2012collection「Melting Pot」。
8bitのピクセルで表現されたアイテムは、
1980~90年頃にあった、プラスチックビーズで出来ています。

プラスチックのカラフルな色が8bitのピクセルで構成されていて、
Melting Pot(るつぼ)というタイトルがしっくりきますね。

mp11283.jpeg

mp11284.jpeg

mp11285.jpeg

IFA Parisというフランスと上海にある国際的ファッションアカデミーが
「East meets West」をテーマにショーを行い、
この作品が2012年グランプリを獲得しました。
テーマは、「uniform hybrid」。
フランス人の彼女は上海で4年間過ごしています。
フランスと上海のように、文化的・宗教の違いに関わらず
いろんなことを学んだと感じた彼女は、
一旦色や形などをフラットにし、再度ドットで構成。
さらに力強いアイテムとして成立させています。

ジーンズや白シャツにも相性がよく見えるので、
ベスト等小物が欲しいなぁ。



日本人デザイナーの森永邦彦が手がける「ANREALAGE」でも、
2011-12AWで、「LOW」というコレクションを発表。
解像度が低いピクセルでの表現は話題でしたね。【

mp11286.jpeg

セレクトショップなどでも、この夏ワンピースやヘッドアクセなど
扱っている店舗がありましたが、案外着やすくて、かわいかったです。
全然浮かなくてびっくりしました。かわいかった。

明日までパルコミュージアムで開催中の、
アンリアレイジ展覧会「A REAL UN REAL AGE」が開催されています。
行きたかったなぁ。

chirashi_30_ol.jpg


両方のブランドとも、着れるアート作品ですね。
次のコレクションは何でせめてくるのか。
見ていて面白いブランドですね。





となりの席、空いてます。







( 2012.11.28 ) ( fashion ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。